2013年11月20日

奈良永観堂の三笠焼 (奈良県)

今月に入り2日に1度のペースで奈良県に行っています。
勿論仕事ですが、こんなに頻繁に奈良ばっかり行っていると流石に疲れます。

先週末も16日(土)17日(日)と行っており、仕事合間に近鉄奈良駅周辺を散策しておりましたら、『永観堂』という和菓子のお店を見つけました。何気なく店内に入ってみます。

131116_114639.jpg

奈良名物の三笠焼きを買ってみます。とてつもなくでかいです。

131120_185450.jpg

131120_185617.jpg

中身はアンコがたっぷりです。たまりません。

131120_185651.jpg

ペットボトルと比べてもそのデカさが解かるかと思います。これで650円でした。


posted by Naoki.poona at 19:26| Comment(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

信貴山のどか村(奈良県生駒郡)



住所:奈良県生駒郡三郷町信貴南畑1丁目7番1号
訪問日:平成25年8月14日(水)

僕が勤める会社はお盆休みなんて物は無いんですが、お客さんと協力会社さんは休んでおられます。そんな感じで仕事も一段落したため1日だけ休暇をとりました。

無性に果物が食べたくなり農場を探していましたところ「信貴山のどか村」に行ってみることにしました。狙いはブルーベリーです。京都を出てからよくサークルKでよくわからないオバチャンに絡まれたりしてようやく到着です。

130814_110744.jpg

入場料も500円と良心的です。
130814_110820.jpg

果物以外にも野菜、動物、釣堀など楽しめるところがたくさんありそうです。
130814_111156.jpg

園内を巡回している車に乗せてもらいブルーベリー園に到着です。
130814_113205.jpg

小粒ですが猛暑のなか頑張って沢山採りました。
130814_113342.jpg

3〜5粒程まとめて食べると口の中に甘みが広がりとても美味しいです。もっと採りたかったのですが、この猛暑。たまりません。1時間持たずギブアップです。
でも、美味しかったです。秋冬にはイチゴ狩りも楽しめるみたいなので再訪しようと思います。

次に向かったのは「小動物の牧場」
先ず、出迎えてくれたのは「うさぎ」です。・・・というかいきなりグロッキーなウサギが2匹です。無理も無いですね、この暑さじゃ。もはや、人間への興味も失せたようで完全な夏バテですね。
130814_123142.jpg

ゆっくり休んでね。

次は「柴犬」のワンちゃん(犬)です。「柴犬」なんてお金を払わなくてもみれるじゃないか!と思われますが、しかし、このワンちゃん2匹が一番心を打たれました。名前は「愛ちゃん(♀)」と「小太郎君(♂)」といいます。
ワンちゃん2匹の紹介です。
130814_123506.jpg
「愛ちゃん」は実は捨犬だったそうです。それが運良く犬の訓練所に拾われたようです。訓練所での「愛ちゃん」はひたむきに訓練に励んでおり、その姿に心打たれた訓練士さんが「愛ちゃん」の仕事先を探していたとのこと。そこでニワトリを害獣に襲われて頭を悩ませていた「のどか村」にニワトリのボディーガードとして雇われたとの事です。

でも・・・やっぱり人間なんだ。人間の都合に翻弄され捨てられたなんて。当時の飼主さんにもやむ得ない事情があったにせよ悲しい気持ちになります。それでも訓練所ではひたむきに訓練に励むなんて・・・。小さい体でありながら強き心を持った「愛ちゃん」。頭が下がります。自分がとてもちっぽけな人間に感じられてなりません。

そんな「愛ちゃん」を見つめていたら、なんと!「愛ちゃん」の方から近づいてきてくれました。
たまりません!
130814_123522.jpg130814_123515.jpg130814_123535.jpg

とても澄んだ目をしている「愛ちゃん」です。こちらをじっと見ながら尻尾を振っています。全く吠えません。10分ほど会話してお別れしてきました。

「愛ちゃん」また来ますからね。それまで元気にしててね〜。

ちなみに「小太郎君」はお昼寝中でしたのでまた次の機会に。






posted by Naoki.poona at 22:45| Comment(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

小黒谷の吊橋(奈良県吉野郡十津川村)

小黒谷の吊橋

その存在を知ってから1年。やっと辿り着くことができました。
奈良県吉野郡十津川村川津
自宅のある京都:嵐山から車で3時間ほどかかります。本日の朝7時半に自宅を出発。
阪神高速京都線上鳥羽ICから第2京阪で門真〜東大阪〜羽曳野〜葛城ICで下車。ここからは下道で奈良県を南下し11時頃に到着いたしました。
名前は解かりませんがトンネル手前で右折し林道に入り、暫く行くと右手に延びるダート道があるのでつきあたりまで行き、そこで山道を降りていける所を探します。130317_115011.jpg130317_114920.jpg
ドンつきから30m位戻った所で人の踏跡でできた道があります。130317_110656.jpg
ひたすら下ります。130317_110738.jpg
やはりここで間違いなさそうです。親切な方が虎ロープを張ってくれています。130317_110950.jpg
本日1番の難所でした。写真では解かりにくいですが踏跡が崩れ、傾斜になってしまっています。油断すると滑落してしまいそうです。強い木の根を手繰り慎重に通ります。130317_111028.jpg
そうするとすぐに、「!」
何と吊橋が見えるではありませんか!捜し求めていたものがついに目の前に姿を現しました。130317_111453.jpg130317_111601.jpg
それでは、早速・・・
恐らくここを訪れる人は少ないように想います。何とも言えない雰囲気があります。130317_111651.jpg130317_111802.jpg
一歩歩くごとに、『ギシ〜・・・』と板が軋み、なかなかの揺れです。130317_112056.jpg
下を見てみます・・・恐ろしい・・・恐ろしすぎます・・・こんな所から落ちたらひとたまりもありません。130317_112116.jpg130317_112126.jpg130317_112133.jpg130317_112139.jpg
何とか5分ほどかけて渡ることができました。130317_112546.jpg130317_112630.jpg
林業関係者のものでしょうか、山へ続くモノレールがありました。
130317_112614.jpg

感想

とにかく、迫力満点。足が竦みました。高所恐怖症の人は勿論ですが、健脚の方でないとお勧めできません。興味本位で訪れるのは止めておいたほうがいいです。
なんともスリル満点の休日でありました。











posted by Naoki.poona at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする