2016年01月27日

高松城



ラベル:高松城 高松築港
posted by Naoki.poona at 23:24| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

男木島(動画2)



posted by Naoki.poona at 23:14| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

男木島(動画)





posted by Naoki.poona at 16:59| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

高松城(香川県高松市)


平成28年1月17日(日)

京都ハンナリーズの敵地勝利を見届け、琴電で高松駅に戻ってきました。



image.jpeg


image.jpeg





高松市玉藻町2−1

入場料:200円

帰りのバスまで1時間半程ありますので駅近の高松城へ向かいます。

5時で閉館ということで拝観時間が40分程しかなく駆け足で 廻ります。


image.jpeg


またの名を玉藻城ともいいます。


image.jpeg


先ずは天守閣へ

鞘橋


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



被雲閣


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



17時になってしまいましたので退館します。

17時40分。京都駅行きバスが到着。

帰宅します。


image.jpeg


続きを読む
ラベル:高松城 高松築港
posted by Naoki.poona at 21:09| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

男木島(後編)



男木島(後編)



image.jpeg


必死のパッチでジイの穴まで登り切った後は山を下り海岸線まで降ります。



海岸につくとなぜか?大勢のニャンコ達の出迎えを受けます。


写真に入りきらない程いっぱいいます。


image.jpeg



歩いても歩いてもずっと付いてくるんです。



日が沈み始めます。


IMG_1539.JPG



最後に向かうのは、「豊玉姫神社」



IMG_1473.JPG






IMG_1534.JPG






IMG_1536.JPG



IMG_1537.JPG



IMG_1538.JPG















IMG_1541.JPG



posted by Naoki.poona at 07:15| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

男木島(前編)香川県高松市





平成28年1月16日(土)



16日(土)〜17日(日)は高松へ。


IMG_1462.JPG


1月とは思えないほど天候に恵まれ観光していてもうっすらと汗ばむ陽気でした。

朝6時30分に自宅を出発。11時40分に無事、高松駅に到着いたしました。

休むまもなく高松港へ向かいフェリーに乗り込みました。

向かう先は男木島。

1年半前に天候不順のため断念していたため今度こそは!と気合を入れていきました。

乗船してまもなく出発。着いたばかりの高松駅を後にします。


IMG_1466.JPG


男木島までフェリーに揺られて40分。

島が徐々に大きく見えてきました。


IMG_1470.JPG


ついに上陸。


IMG_1471.JPG



IMG_1474.JPG



先ずは島の最先端灯台を目指します。

なかなかの急勾配ですが好きな風景です。私が生まれる前から変わらない風景なんだろうな勝手に想像。



IMG_1475.JPG



IMG_1482.JPG


いいですね♪いいですね♪ この雰囲気大好きです。


IMG_1483.JPG


上陸から30分ほどで灯台へ到着。


IMG_1485.JPG


IMG_1486.JPG


灯台の脇から海岸にも行けます。


IMG_1498.JPG


海岸で用意していたお弁当「韓国のりまき」を食べてからは「ジイの穴」を目指します。


ジイの穴とは・・・ジイの穴 - 桃太郎伝説の中では、鬼の副大将が逃げ込んだ岩窟


らしいです。

ここから更に登りが厳しくなり、運動不足のオヤジには堪えます。


IMG_1503.JPG


IMG_1504.JPG


水仙の階段


IMG_1506.JPG


 振り返り海を眺めるといい感じで船が通っていました。

IMG_1511.JPG



何とか登りきって到着。


IMG_1514.JPG


この時点で14時20分。高松行きのフェリーは15時と17時の2便しかありません。15時の便に乗りたかったところですが、「あかんやろな・・・。」あきらめムード。

IMG_1515.JPG


確かに鬼が逃げこめれるほどの広さです。中に入ってみたいに気になりましたが、「中に獣がいたらかなんな。」と思い、中に入るのを止めておきました。

以上、男木島前編でした。

続きを読む
posted by Naoki.poona at 21:56| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

愛工房(香川県高松市)

『愛工房』


住所:香川県高松市常磐町1-4-2

最寄駅:琴電 瓦町駅


高松旅行も終盤を迎えます。最後に向かったのがこのお店

旅行の締めはやはり鯛焼きであります。


140622_144204.jpg


メニューは下記の通り

・十勝産つぶあん

・つぶ白あん

・玉露茶あん

・カスタード

・チョコクリーム


140622_144122.jpg


140622_144129.jpg


「玉露茶あん」に大変興味を惹かれましたがあいにく売り切れとの事。十勝産つぶあんとカスタードをいただきます。


140622_150628.jpg


140622_150638.jpg


全体的にしっとりした食感です。やはり焼きたては堪りません。














posted by Naoki.poona at 18:57| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

男木島(香川県高松市)

6月21日(土)〜22日(日)の2日間は香川県の高松市に行って来ました。京都駅から高速バスで3時間半くらいです。


140621_135842.jpg 


140621_135856.jpg


21日(土)は夕方から以前仕事でお世話になった恩人と食事をするため昼間は高松市内をブラブラと散策していました。特に目的も持たずに見ず知らず街中を見渡すのもたまには良いものです。その中で1番気になったのがこちらのお店。


スナック ニュー 夜のどうぶえん


140621_145419.jpg


まさか・・・

動物のような方たちがおもてなししてくれるお店なんでしょうか。

どんなお店なのか大変気になるところです。行かれた事のある方、是非レポ頼みます。


明けて22日(日)この日は離島の女木島、男木島のの2島を訪問する予定でしたが、朝かあいにくの雨天であります。朝8時発のフェリーに乗る予定でしたが、あまりの大雨にやる気を失せてしまい男木島は断念。女木島のみの訪問に変更です。


琴電高松築港駅から徒歩ですぐにフェリー乗り場に到着できます。


140622_095016.jpg


フェリーに揺られて20分程で女木島に到着です。


140622_102525.jpg


女木島は通称「鬼ヶ島」と呼ばれ、鬼が住んでいたと云われている「鬼ヶ島洞窟」があり、港から洞窟行きのバスもあるとのこと・・・。

ありました。


140622_102439.jpg


「桟橋―洞窟」


140622_103400.jpg


実に分かり易い!


それでは洞窟に侵入しみます。


140622_103615.jpg


鬼のような妖怪たちが歓迎してくれました。


140622_103744.jpg


入口です。


140622_104100.jpg


140622_104423.jpg


この穴で鬼たちは誘拐してきた女を監禁していたらしいです。


140622_104613.jpg


桃太郎と鬼が笑顔で待ってくれていました。実は桃太郎と鬼は仲間なんでしょうか?

そして浚ってきた女を・・・・😞

おっと!いけない!ここはエロブログではなかった!危うく脱線するところでした!


140622_105122.jpg


鬼大将


140622_105232.jpg


お世話になりました。


140622_105158.jpg


140622_105320.jpg


洞窟を出た後は女木島の頂上に向かいます。展望台がありました。


140622_110313.jpg


高松市街地方面です。


140622_110216.jpg


バス停に戻るとすでにバスは行った後でありました。洞窟に売店がありそこのご婦人との会話。


婦人「バスならもう出たで。」


私「おいてかれたか・・・・」


婦人「歩いて港まで行き。」


私「そうします。何分くらいありますか?」


婦人「25分くらいや。」


私「楽勝ですね。」


婦人「あんた腹出てるからちょうどええ。歩いて、歩いて歩きまくるんや!」


私「・・・・・。」


婦人「あんた、女やったら妊娠3ヶ月くらいや。」


洞窟がある山を徒歩で下山して来ました。


140622_114232.jpg


鬼ヶ島海岸

きれいです!


140622_114931.jpg


オーテ


140622_120449.jpg


海からの海水が家屋に侵入するのを防ぐために造られたとのこと。

いつも思うのが日本の建築や土木の技術は本当にすばらしいです。


140622_120617.jpg


女木島に別れを告げます。


140622_133030.jpg





posted by Naoki.poona at 21:35| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

三徳山投入堂(徳島県)

三徳山投入堂


住 所:682-0132 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010 TEL (0858)43-2666

訪問日:平成26年5月4日(日)


 旧国鉄倉吉線「泰久寺駅跡」を訪問した跡は三徳山投入堂へ行きました。この投入堂は大変山深い所にあり辿り着くのにも大変な所です。

辿り着くところです。


先ずは登山口


140504_141217.jpg


修行の道へ入ります。なぜかひどく緊張してました。


140504_142244.jpg


やはり・・・ここから先は険しそうです。煤i; ̄□ ̄A


140504_142400.jpg


140504_142543.jpg


私も登山は好きですが少しずつ身の危険を感じている頃です。


140504_142620.jpg


たまりません・・・。Σ(|||▽|||


140504_143206.jpg


いよいよゴール間近です。しかし、最後に来て恐ろしいまでの急勾配でした。


140504_152552.jpg


140504_154544.jpg


140504_153622.jpg


投入堂からの眺めです。「自然は偉大だ・・・。」と感じられる写真です。


140504_153236.jpg


感想


世界遺産としての登録を申請されているとの事ですが余りにも危険が伴います。滑落事故も多発中で進路も相当傷んできているようです。世界遺産登録には進路の整備が最重要課題と思われますが、世界遺産となってしまうと国内外からよりいっそうの観光客が押し寄せ地盤崩落、落石、樹木の倒壊を引き起こすように思えます。また、昨今、滑落事故多発との事で安全管理対策が急務な所のように思えます。


また、下山時に山岳救助隊が入山していき無線機より、「滑落で2名の怪我人発生・・・・」という声を聞いてしまいました。私はここに来たのは初めてですが、頻繁に滑落事故が発生しているかと思われます。


更にGWで多くの観光客が来ており、なかには本来の登山道から外れ、ショートカットして並んでいる人々を追い抜いていく人もいて個人的にはあまりいい思い出とはなりませんでした。


posted by Naoki.poona at 22:45| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

徳島・高知旅行 3日目 3月23日(日)

奥祖谷二重かずら橋


三好市東祖谷菅生620


徳島・高知旅行もいよいよ最終日を迎えます。初日の出遅れが最後まで尾を引いています。大歩危遊覧船、かずら橋、二重かずら橋を1日でまとめたかったのですがこの二重かずら橋が3日目に残ってしまいました。


140323_105130.jpg


入口にある看板です。かずら橋同様に平家にまつわるものです。落人が祖谷の地に移り住み、その生活道として作られたとの事です。いくら南国四国といえどもここまで奥地に来ると雪が多く残っており冬の厳しさを感じざるを得ません。平家の皆さんもこの厳しい冬を耐え凌ぎ春の到来をまだかと待ちわびていたことでしょう。京都の廃村八丁とイメージが被ります。


140323_103737.jpg


140323_103629.jpg


階段も滑りやすくなっており慎重に下ります。


140323_105107.jpg


見えてきました。


140323_104453.jpg


橋にもまだ雪が残っています。


140323_103943.jpg


橋から下を撮ってみました。


140323_104144.jpg


140323_104308.jpg


以上 これにて徳島・高知旅行特集を終了します。御清聴ありがとうございました・。
posted by Naoki.poona at 08:38| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

徳島・高知旅行 2日目 3月22日(土) 6/6

吉野川ハイウェイオアシス


徳島県三好郡東みよし町足代1650


2日目の夜を迎えます。この日の宿は「吉野川ハイウェイオアシス」のバンガローに宿泊します。この日の1泊10,000円ですが食事は当然自分達でどうにかせねばなりません。この日の朝に道の駅「キラメッセ室戸」で採れたて野菜を大量に購入しておりましたので近所のスーパーで肉、調味料を購入しスキ焼きをすることにしました。


・バンガロー外観


140322_175425.jpg


140322_175412.jpg


・すぐ横に吉野川が流れています。到着した時、ちょうど夕陽を見ることができました。この日は日の出と日の入りを両方見る素晴らしい1日となりました。


140322_175505.jpg


・バンガロー内部


140322_175739.jpg


140322_175726.jpg


・夕飯のスキ焼きです。


140322_193056.jpg


140322_193047.jpg



室戸で取れ採れたて野菜が美味しかったです。白菜、玉葱、葱、椎茸、韮また、スーパーで購入した豆腐、蒟蒻、牛肉しっかりと煮込みます。山盛りいただくことができました。



posted by Naoki.poona at 23:15| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島・高知旅行 2日目 3月22日(土) 5/6

かずら橋


祖谷のかずら橋に来ました。風光明媚なところですが観光客が多く、大きな声ではしゃぎまくってる学生風の若者なんかも多くてうるさかったです。しかし、そんな事は気にせず渡る事にしましょう。


かずら橋はかつて平家の落人が祖谷の地に済みついたときにかけられたものとされています。その為、敵が攻め込まれた時にすぐに切り落とせるようしたなどの言伝えがあるようです。


140322_152318.jpg


140322_152623.jpg


140322_153256.jpg


140322_152637.jpg


下に流れる渓流です。


140322_152955.jpg


なにせ煩かったです。一方通行の橋なのに我が物顔で逆走してくるオバサンとかもいてせっかくの風景美も台無しでした。次回、訪れる時はもっと静かな時に来たい思います。







posted by Naoki.poona at 05:18| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする