2017年04月23日

Bリーグ2016-17シーズン 名古屋ダイアモンドドルフィンズ×京都ハンナリーズ(4/23)


平成29年4月23日(日)

愛知県体育館(名古屋市中区)


一夜を明けて2戦目を迎えました。


IMG_4931.JPG


名古屋72-京都68


残念な結果になりました。結果もそうですが今日は審判判定も不可解で納得いきませんでした。
かなり名古屋寄りの判定だった気がします。


IMG_4933.JPG

第1Q   15-11

開始5分で名古屋が11-0のRUN。
やはりこういうのは終盤に響きます。バーレルのダンクから始まり張本、笹山、安藤と繋ぎ、まるで昨日の裏返しの様な展開でした。京都は内海の2本もあり4点差まで縮めますが、序盤の連続得点は厳しかったです。このQ、浜口HCがテクニカルファールを取られました。開始早々の失点と審判への不安から苛立っていたんだと思います。

第2Q  11-15

今度は名古屋のゲーリーHCがテクニカルファールを受けます。両HCがテクニカルファールを受けるという珍しい事態に。モー・チャーロ2本+岡田1本で全て成功。1点差になり、この辺りから京都の時間帯になりました。モー・チャーロの3Pで22-17の5点リード。しかし、安藤の3Pの後に村上が痛恨のターンオーバー。直後に再逆転されました。終了間際のボールが手についていない藤永のドリブルに対して小島のディフェンスがファールの判定。呆れて物も言えませんでした。結果的には26-26で終えましたが自分達の流れを自分で断ち切った感があったのと不可解な判定で、悶々としたQとなりました。


第3Q  27-18

序盤は取って取られての展開。ウィーバーがダンクにインサイド、京都は小島の3P、川嶋の得点でで応戦一進一退の攻防が続きますが、終盤に名古屋・藤永の3Pが2本決まり9点差となります。京都はこれまで柱になっていた岡田が見せ場を作れなくなっていて、コッツァーのインサイドで魅せる機会が減りました。

第4Q  19-24

京都はマーカス・ダブを中心に攻撃を展開。小島のジャンプショットが決まった時には3点差まで縮めますが、また離される展開になります。ここでまたしても(?)な判定。名古屋の選手がシュートブロックに行った際のプレーが不自然な動きをしたのにもかかわらず笛は鳴らず。バックボードに当たったかシュートボールを上から抑えてるのに見逃されました。最後に京都も残り1分で小島の3Pでなんとか追いすがるもここまで。

IMG_4938.JPG


今日の判定は・・・

posted by Naoki.poona at 17:57| Comment(0) | 京都ハンナリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

末森城跡(城山八幡宮)名古屋市千種区


名古屋市千種区城山町


かつての末森城は現在、城山八幡宮となっています。
地下鉄の本山駅から徒歩10分くらいです。

織田信長の弟・信行が城主を務めていたこともあるようです。

住宅街の中に八幡宮が見えてまいりました。


IMG_4916.JPG


IMG_4915.JPG


IMG_4917.JPG


IMG_4918.JPG


IMG_4920.JPG


石碑がありました。


IMG_4921.JPG


周囲の堀


IMG_4929.JPG


IMG_4925.JPG


IMG_4924.JPG


都会の住宅街の中に残る城址としてはよく残っている方です。

posted by Naoki.poona at 13:58| Comment(0) | 愛知・岐阜・三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

Bリーグ2016-17シーズン 4/22(土)名古屋ダイアモンドドルフィンズ×京都ハンナリーズ


平成29年4月22日(土)

愛知県体育館(名古屋市中区)

名古屋62-京都82


今週末は名古屋へ。

今節チケットを購入した時はこの愛知県体育館での2連戦が山場になると思っていましたが、京都は先週末のホーム滋賀戦でまさかの連敗。チャンピオンシップ争いから遅れを取ってしまうことになりました。

西地区は大阪と琉球がチャンピオンシップ争いに頭一つ抜け出し、遅れをとった両チームの対戦となりました。

高速バスに揺られ3時間程で会場の愛知県体育館に到着。


IMG_4893.JPG


言葉が出ませんでしたが笑えます。


IMG_4894.JPG


この試合、京都の小島元基が復帰。

今期中の復帰は厳しいと思っていたので嬉しいです。


IMG_4896.JPG


京都のオンザコートは1-2-1-2

名古屋は2-1-1-2

勝負は第1Qと思っていました。


IMG_4900.JPG


第1Q   13-18

ON2の名古屋に対しディフェンスで勝りました。復帰した小島のジャンプショット、ケビン・コッツァーのインサイドのからのバスケットカウントが決まり常にリードした展開に。シーズン中盤から好調を維持している薮内のレイアップも決まります。今日の薮内は神がかっていました。

第2Q   10-15

ON2となりモー・チャーロが登場しいきなりの3Pが決まります。ケビン・コッツァーも復調気配を見せるインサイドアタックが決まります。ようやく彼本来の姿が戻ってきました。23-33で10点リードで後半戦へ。名古屋では
舟生、藤永が良いパフォーマンスを見せていました。

第3Q   20-31

両チーム合わせて51得点の打ち合いでした。マーカス・ダブが11得点。川島が8得点。小島・薮内がしっかりゲームメイクし大量リードで最終Qへ。


第4Q  19-18

開始から名古屋が藤永、安藤で走りますが京都は慌てませんでした。やはり薮内。彼からモー・チャーロのダンクが決まり大勢は決しました。出場した選手が代わる代わる得点した京都の勝利。


この2連戦で連勝したチームが首の皮一枚でチャンピオンシップへの挑戦権を目指せると思うので名古屋にとっては痛い敗戦となりました。一方、京都は明日勝たないと今日の勝ちが生きません。

明日が本当の勝負です。

IMG_4904.JPG


IMG_4908.JPG



余談ですが・・・

愛知県体育館の電光掲示板


IMG_4902.JPG


なかなかの優れ物です。

posted by Naoki.poona at 19:33| Comment(0) | 京都ハンナリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

達谷窟



posted by Naoki.poona at 11:09| Comment(0) | 岩手・宮城・福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする