2017年02月28日

八王子城跡(後編) 東京都八王子市



それにしても良い道です。


IMG_4339.JPG

さぞ、立派なしろだったんだなと噛み締めながら一歩づつ登ります。


金子丸


IMG_4335.JPG


なぜかここだけ平坦な道のりです。ここで一服 (-.-)y-., o O


IMG_4336.JPG


更に登り続け・・・


IMG_4339.JPG


すると見晴らしの良い場所があります。

八王子市街を見渡せます。絶景


IMG_4340.JPG


すると間も無く、八王子神社へ。


IMG_4342.JPG


どうやらここが山頂のようです。


IMG_4341.JPG


IMG_4343.JPG


IMG_4345.JPG


ここで既に正午。

残念ながら本丸までは到達できず。

残念!

次回、東京訪問時には必ず!



posted by Naoki.poona at 22:00| Comment(0) | 埼玉・千葉・東京・神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

八王子城跡(前編)東京都八王子市


平成29年2月26日(日)

京都ハンナリーズの敗戦から一夜が明け、向かいましたのは八王子市にあります高尾山。

向かうは「八王子城跡」

JR、京王線「高尾駅」から西東京バスで霊園前・八王子城跡で下車します。
八王子城跡というバス停もありますが、こちら、登上口近くにあり大変便利なのではありますがこちらに来るバスは土日のみで本数も限られておりあまり当てにはできません。霊園前・八王子城跡を使用しましょう。

この八王子城。
なかなか壮絶な歴史を持つお城のようで1580年代、北条氏照が関東地域統治するために起点として築城したものの天下統一を目指す豊臣秀吉の傘下にあった 前田利家・上杉景勝に一夜にして攻め落とされてしまいます。

その際に女・子供も容赦なく切りつけ、また、自ら自害した物もいたとか。それにより城近くにあった御主殿の滝は3日3晩、血で赤く染まったと・・・。
何とも言葉にならない悲しい歴史であります。


IMG_4346.JPG


IMG_4347.JPG


京王戦、JR中央線の高尾駅からバスに乗り登山口まで。


IMG_4327.JPG


IMG_4324.JPG

入口の案内図ですが、これを見ただけでも見所満載なのが良く解ります。


IMG_4325.JPG


IMG_4326.JPG


とても半日では廻りきれません。

とりあえずは本丸を目指します。


IMG_4329.JPG


IMG_4323.JPG


入口からとても良い感じです。こんなに良い所と解っていたら、この八王子城のために1日とっておくべきでした。


IMG_4331.JPG


IMG_4332.JPG


用水路か何かの遺構でしょうか?益々、期待が膨らみます。


IMG_4334.JPG

続きを読む
posted by Naoki.poona at 19:23| Comment(0) | 埼玉・千葉・東京・神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bリーグ2016-17シーズン サンロッカーズ渋谷×京都ハンナリーズ



平成29年2月25日(土)

青山学院記念館

試合開始  18時


24日(金)の夜から関東地方をぐるりひとり旅。

埼玉から東京へ移動して、表参道にある青山学院大学へ。

渋谷駅から歩こうとしましたができませんでした。

大都会東京にあって日本一の繁華街の渋谷。

京都の田舎人には厳しかったです。W(`0`)W


IMG_4318.JPG


今シーズン初のAWAY観戦です。

ホームチームはサンロッカーズ渋谷。ホームアリーナは青山学院大学です。


大学の体育館がプロチームのホームアリーナ?

ほんまにプロチームなんかい?しょぼっ!


と思う人もいるかもしれませんが、とんでもありません。

この青山学院記念館、そこらの体育館よりよっぽど素晴らしいのです。

こちらをご覧ください。


IMG_4319.JPG


集客力はハンナリーズアリーナよりありそうです。

さすがは大都会の一等地にキャンパスを構える青山学院大学。

恐るべしです。 実際にこの日の来場者は2702人。

さすがは大都会東京のホームタウンを置くチームです。

地域差では京都は到底敵いません。


さて、結果はといいますと、

渋谷75-京都66

第1Q  15-22
第2Q  24-11
第3Q  20-20
第4Q  16-13

数字上、接戦ではあります。

スタッツを比較すると、

       渋谷      京都
TO     8        15
ST     10       3
FT     12/19  9/17
OR    13       6

ターンオーバー、スチール
フリースロー、オフェンスリバウンドで差がしっかりと出ました。

ターンオーバー数が倍を超えては試合展開は厳しくなります。
フリースローも50%強では・・・。

結果は自滅に近いものでした。

京都はサイズが小さいのでORで他チームに劣るのは仕方がないとは思いますが、フリースローを確実に決めてターンオーバーを少なくとも相手チームより少なくしないと勝機はありません。


IMG_4321.JPG

変わってこちらはハーフタイム中のキッズパフォーマンス。


IMG_4320.JPG


一体、何人の女の子が参加しているのでしょうか?

いくら子供達でもこれだけいれば迫力大です。

渋谷チームの営業力が感じ取れました。

アッパレ!🎇

posted by Naoki.poona at 15:43| Comment(0) | 京都ハンナリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

吉見百穴(埼玉県比企郡)



岩室観音を跡にして直ぐ隣にある吉見百穴へ。

途中、東松山城跡というものがありました。

事前のリサーチ不足でした。足を運びたいのですがバスの時間もあるので今回はスルー。


IMG_4294.JPG



IMG_4295.JPG



改めて吉見百穴へ。


IMG_4297.JPG


入口から、その穴を観る事ができます。


IMG_4298.JPG


江戸時代に既にこの穴は発見されており、

「いったいこれは何なんだ?」

と熱心な研究者達が調査してたようです。

その後、戦時中はここの地下に軍事基地が建設されたとのこと。

山の中の地下軍事工場・・・。

一体何が製造されていたのか大変興味深いです。


それでは穴へ。

IMG_4300.JPG



現世と死

この言葉を聞くと思う事があります。



IMG_4302.JPG



先ずは、とても気になる地下軍事工場跡へ


IMG_4303.JPG


お!しっかりとアピールしてくれております。


IMG_4304.JPG


内部はといいますと・・・


IMG_4307.JPG


まさに・・・

秘・密・軍・事・工・場

一体何が・・・

・化学兵器か?

・それとも生物兵器?

不気味さ満載です。

更にはこの鉄格子。


IMG_4308.JPG


この奥では何が行われていたのか?


そして、次は穴へ。


IMG_4309.JPG


IMG_4311.JPG


IMG_4310.JPG


場所によっては小柄の人だったら寝れそうなくらいの穴もあります。


おそらく古墳時代に造られた物ではないかと云われているようです。

住居なのか?墓か?

タイムスリップできるのであれば、この穴が造られた時代、この穴を使っていた時代に戻ってみたいです。

posted by Naoki.poona at 15:03| Comment(0) | 埼玉・千葉・東京・神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩室観音(埼玉県比企郡)


平成29年2月25日(土)

埼玉県吉見町北吉見

行田から路線バスを乗り継いで吉見町へ。


・岩室観音

・吉見百穴


この2物件が目的です。

川越観光バス「百穴入口」から徒歩15分程です。


IMG_4317.JPG


IMG_4272.JPG


IMG_4273.JPG



IMG_4275.JPG


IMG_4274.JPG


入口右手、岩靴の中に無数のお地蔵さんが。


IMG_4277.JPG


IMG_4276.JPG


胎内くぐり


IMG_4278.JPG



IMG_4281.JPG


IMG_4282.JPG


観音へ上ってみます。

IMG_4280.JPG


IMG_4284.JPG


IMG_4285.JPG


IMG_4288.JPG


IMG_4287.JPG


IMG_4290.JPG


IMG_4291.JPG


岩肌に鉄筋を打ち込み建物を支えています。


IMG_4289.JPG


いつ建てられたのかまったく不明の観音堂。

謎が多ければ多いほど興味が尽きません。

posted by Naoki.poona at 03:05| Comment(0) | 埼玉・千葉・東京・神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

八幡山古墳(埼玉県行田市)



平成29年2月25日(土)

埼玉県行田市藤原町1丁目27-2

秩父鉄道東行田駅で下車。


IMG_4255.JPG


IMG_4256.JPG


ネットでは徒歩17分とありましたが、30分かかりました。

ようやく道案内が、


IMG_4257.JPG


公園?

IMG_4258.JPG


ジャングルジムがあったり・・・


IMG_4268.JPG


滑り台があったり・・・


IMG_4269.JPG


古墳は地域のみなさんの憩いの場になっていました。

その奥に地下室への入口のように古墳がありました。


IMG_4259.JPG


IMG_4261.JPG


昭和の時代に発掘調査された時に石室が見つかり、また、豪華な装飾品が見つかったことから有力者の物ではないかと云われているようですが、詳細は不明のようです。


IMG_4260.JPG


内部はといいますと・・・


IMG_4262.JPG


IMG_4265.JPG


IMG_4266.JPG


IMG_4267.JPG


おしまい。

posted by Naoki.poona at 11:06| Comment(0) | 埼玉・千葉・東京・神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

Bリーグ2016-17シーズン 京都ハンナリーズ×富山グラウジーズ


平成29年2月5日(日)14:00〜

ハンナリーズアリーナ(京都市右京区)

京都85-富山68

第1Q:19-19
第2Q:32-16
第3Q:17-16
第4Q:17-17


IMG_4085.JPG


IMG_4086.JPG



第1Q  
京都がスタートランで一時は17-6と10点以上のリードを奪いますが、ここから低空飛行。終ってみれば19-19で同点。

第2Q  
京都は「15」佐藤が躍動。このQだけで10得点の活躍。終ってみればここでの差が行きました?一方、富山は各選手がかなり苛立っている様子でした。「11」宇都は何度も審判に何か言っていました。そして、ついに比留木がテクニカルファールを取られます。
富山が浮き足だっていることを京都はうまく利用した展開となってしまいで、この試合の体勢は大方京都に傾きました。


IMG_4091.JPG




第3Q
開始早々から京都はファールが重みます。5分を経過した時点で既にチームファールが5を超えます。ある程度点差を縮められるのを覚悟しましたが、富山得点が伸びません。そこを川嶋の3P、村上のレイアップで得点し、前半のリードを保ちました。富山は苛立ちからミス重なり、頼みの城宝も良い所なし。


IMG_4092.JPG
第4Q
このQの見所は村上→ヒルのダンクでした。絵に描いたように綺麗に決まり、会場の盛り上がりもピークに。富山もオフェンスが雑になり、最後は緊張感にかける内容でした。
残り40秒で「45」頓宮がBリーグデビュー。先輩たちも彼にボールを廻していました。惜しい場面がありましたが残念ながらデビュー戦初得点とはなりませんでした。次回にお預け。

IMG_4104.JPG

試合後、富山はかなり長くエンジンを組んでいました。ボブ・ナッシュHCから熱いメッセージが伝えられたはずです。タレント豊富な富山グラウジーズです。このまま、シーズンを終えるはずがありません。
がんばって欲しいです。


IMG_4096.JPG


IMG_4098.JPG


IMG_4101.JPG


IMG_4103.JPG



posted by Naoki.poona at 21:32| Comment(0) | 京都ハンナリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする