2016年05月31日

富山県営地獄 まんだら遊苑(第1章)富山県中新川郡



平成28年5月28日(土)

富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



富山県は何を訴えたいのか?

コンセプトは「地界と天界」

ここに来ると「地界」と「天界」は背中合わせということになります。

住所の場所に来ると地味に道標が。


image.jpeg


地味に開苑中のようです。

ここが入口。いざ、地界へ。

image.jpeg


地界へ扉は開かれた。


image.jpeg


先ず、待ち受けていたものは・・・

「地獄百景」


image.jpeg


「閻魔堂」

この鐘を鳴らしたものは閻魔の裁きを受けるようです・・・。

鳴らしてみましたが今のところ裁きを受けることはないです。

image.jpeg


ここはとにかくうるさい。耳が痛いです。

鬼たちの声がすべてを焼きつくのです。

image.jpeg



image.jpeg


なんとか脱出してくると・・・

「餓鬼の針山」

いかなる物をも刺し尽し全てを無にしてしまうであります。


image.jpeg


まだまだ続きます・・・


posted by Naoki.poona at 20:50| Comment(0) | 石川・富山・新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

魚津の蜃気楼(富山県魚津市)



平成28年5月28日(土)

富山県魚津市村木定坊割2500-2「海の駅  蜃気楼」


気温が上がり夏に近くこの季節。

富山県魚津市の海岸線では蜃気楼現象が観られることがあります。


蜃気楼現象とは

魚津は江戸時代以前から蜃気楼の名所として知られる場所です。
蜃気楼は、大気中で光が屈折し虚像が見える自然現象で、気温や風などの条件が整わないと発生しません。
刻々と変わる気温や風によって蜃気楼の形も変わり、同じ蜃気楼は二度と見られないとまでいわれます。
光と風が織りなす自然の芸術ともいえる蜃気楼は、昔も今も多くの人々を魅了し続けています。

(以上、魚津市ホームページから引用)

まだ中学生か高校生の頃、

海洋に現れるシーサーペント(未知の巨大生物)の正体はこの蜃気楼現象ではないのか!

というのをテレビで観ていました。

何はともあれ一度は見てみたいものです。

可能性は低いんやろうな、と思いながらも、「海の駅  蜃気楼」に到着。


image.jpeg


海を眺めて観ましたが、やはり出ていませんでした。

すると係員の方から声を掛けられ、2枚の紙を手渡されました。


image.jpeg


「蜃気楼を見ることができませんでした!」


残念ですが仕方ありません。

近くの広場から


image.jpeg


image.jpeg
ラベル:蜃気楼 魚津
posted by Naoki.poona at 20:11| Comment(0) | 石川・富山・新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

筒石駅(新潟県糸魚川市)



筒石駅

新潟県糸魚川市大字仙納字大谷928

訪問日:平成28年5月28日(土)




続きまして駅探索。


集落を抜けて筒石駅を目指します。


image.jpeg


駅舎はありますが、線路や車輌が見当りません。


image.jpeg


ここは山中にありますトンネルの中にある駅なんです。


image.jpeg


またの名を「地底駅」ともいいます。


image.jpeg


流石に無人駅だろうと思いましたが駅員さんもいらっしゃり、


image.jpeg


入坑・入場証明書までいただけるのです。


湧き上がる気持ちを抑えながら駅に向かいます。

image.jpeg



青海川駅同様に本数は少ないのですが、それでも地元の人たちにとっては貴重な生活手段です。


image.jpeg


なんともいえない雰囲気です。まるであの世への入口の様です。
「無事に帰ってこれるかな・・・。」と不安になります。

image.jpeg



・・・。(T T)


image.jpeg



上下線の分岐。


image.jpeg


先ずは下り線ホームへ。


image.jpeg


扉の向こうには・・・(T T;)


image.jpeg


image.jpeg



闇・闇・闇


image.jpeg



次は上り線ホームへ


入口は同じです。


image.jpeg


暗闇が待ち受けていました。


image.jpeg



image.jpeg


数少ない貴重な列車が来ました。


image.jpeg


降りてくる人はいませんでした。


先日、テレビで秘境駅として有名な北海道の「小幌駅」が廃駅にしようとしたところ熱心な愛好家の声により一転、存続することになったとききましたがいつまで姿を変えずに残って欲しい駅です。

posted by Naoki.poona at 00:25| Comment(0) | 石川・富山・新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

青海川駅(新潟県柏崎市)



青海川駅

新潟県柏崎市大字青海川

訪問日:平成28年5月28日(土)


先日27日(金)は仕事を終えてから車で6時間かけて新潟県上越市へ。
格安宿に泊まりここへ来ました。

聞くところによると「日本で1番海に近い駅」とのこと。
また、それによる秘境感からドラマの撮影に使われたことがあるようです。



個性的な駅舎

image.jpeg


時刻表・・・やはり本数が少ない  (‾。‾;
飲み会の帰りは要注意です。


image.jpeg


image.jpeg


駅の向こうは海しかありません。

image.jpeg


下り方面(新潟)

image.jpeg


上り方面(富山)

image.jpeg


駅のその向こうは・・・


image.jpeg


日本海が広がるのみ


近くの高台から


image.jpeg

posted by Naoki.poona at 21:16| Comment(0) | 石川・富山・新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

bjリーグ2015-16シーズン プレーオフセミファイナル 5/8(日) 京都ハンナリーズ×滋賀レイクスターズ



日時:平成28年5月8日(日)14時〜

開催地:ハンナリーズアリーナ

結果:京都88-滋賀77   第1Q:28-11    第2Q:15-20   第3Q:26-14   第4Q:19-32


いよいよこの日がやってきました。

1年前のあの日・・・

こみ上げてくるものがあります。

両チームの選手とそれを応援する人達。

京都は昨年、ここで終焉となりました。

一方、滋賀は初の有明に進み3位決定戦に勝利。


くしくもその両チームが同じハンナリーズアリーナで今年も激突。

もはや因縁の対決となった感があります。滋賀は1stラウンでで浜松に敵地で勝利。

この日の両チームの対戦はレギュラーシーズンの対戦とは全くの別物です。


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg




第1Q:28-11

京都がスタートダッシュを駆けます。開始早々から12-0。
結果的にはこのダッシュが決めてになりました。後半に本領を発揮する滋賀相手にはかなりのダメージを与えることができました。
内海のレイアップ、途中出場からの薦田、モーゼスも得点を重ねます。一方でディフェンスは毎度のごとく瀬戸山×滋賀:岡田の激しいマッチアップ。岡田封じに成功して、大量17点のリードで終了。


第2:15-20   計43-31

開始早々、佐藤がハッスル。それに加え前半大活躍の薦田の3Pで得点を加えますが、滋賀も岡田がしぶとく3P、ホーンブザービーター3Pなどで点差を詰めました。

第3P:26-14  計:69-45

後半開始。瀬戸山が積極的に攻め、コッツァーもインサイドで持ち味を発揮。内海の3Pで点差は22となり会場も大盛り上がり。村上のロング3Pで大方勝負がついた感がありました。防戦一方の滋賀は横江が奮闘するも差は広がっていきました。

第4:19-31  計:88-77

追い詰められた滋賀は早めに仕掛けますが裏目に。シュートミスに加え、テクニカルファールもあり乗り切る事がでいかせんでした。浮き足立った滋賀で人一倍落ち着きを払っていたのが横江。彼を中心に攻撃をてんかいし、マブンガのダンク、終了間際の井上の連続3Pで11点差まで詰め寄った所で試合終了。


image.jpeg


image.jpeg


2年ぶりの有明ファイナル進出決定です。

志半ばで退団したディビッドとオーウェンスもキット喜んでいるに違いません。🐼


ラストbj、頂点を取るのは京都ハンナりーずです。🗻


ささやかな祝勝会  二人だけですけど


image.jpeg


posted by Naoki.poona at 22:07| Comment(0) | 京都ハンナリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

摂津丸山城(大阪府豊能郡)


摂津丸山城跡

 訪問日:平成28年5月4日(水)

 大阪府豊能郡能勢町地黄815(清普寺付近)


今年もGWがやって来ました。年々、人混みにまみれるのが嫌になっていきもうどこにも行く気が起こらなくなってきました。正月以来の帰省となり、その周辺を散策することに。

実家から車で15分。


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


近く清普寺というお寺がありそこから1番上の写真をみると九重の塔があり、そこが登山口になります。


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


良い感じで能勢の街並みが見渡せます。


image.jpeg


image.jpeg


狼煙台跡・・・当時、警備が厳しかったのが良くわかります。


image.jpeg



image.jpeg



本丸・・・あまり見通しが利きません。


image.jpeg



image.jpeg


堀切跡


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



少し下山して本丸を見返してみました。当時はあそこにあったんだなというのが判ります。


更に下山すると程なくして道が見えてきました。


image.jpeg


井戸?なんだろう?


image.jpeg


眺望


image.jpeg

posted by Naoki.poona at 16:58| Comment(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

越前大野城(ニホンカモシカ現れる)




posted by Naoki.poona at 13:20| Comment(0) | 福井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする