2016年01月27日

高松城



ラベル:高松城 高松築港
posted by Naoki.poona at 23:24| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

男木島(動画2)



posted by Naoki.poona at 23:14| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

男木島(動画)





posted by Naoki.poona at 16:59| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

高松城(香川県高松市)


平成28年1月17日(日)

京都ハンナリーズの敵地勝利を見届け、琴電で高松駅に戻ってきました。



image.jpeg


image.jpeg





高松市玉藻町2−1

入場料:200円

帰りのバスまで1時間半程ありますので駅近の高松城へ向かいます。

5時で閉館ということで拝観時間が40分程しかなく駆け足で 廻ります。


image.jpeg


またの名を玉藻城ともいいます。


image.jpeg


先ずは天守閣へ

鞘橋


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



被雲閣


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



17時になってしまいましたので退館します。

17時40分。京都駅行きバスが到着。

帰宅します。


image.jpeg


続きを読む
ラベル:高松城 高松築港
posted by Naoki.poona at 21:09| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

bjリーグ2015-2016 高松ファイブアローズ×京都ハンナリーズ(1/17)


高松ファイブアローズ×京都ハンナリーズ


日時:平成28年1月17日(日)13:00


開催場所:高松市総合体育館

結果:高松81-京都87



高松2日目最終日です。


この日は午後からの活動です。昨夜は高松の夜でハッスルしてしまいホテルに戻ったのは午前3時になってしまいました。しゃべって、呑んだくれて、唄いまくり。

ハチャメチャな夜の後は朝から動けるわけもなく11時までホテルでゆっくり。



12時15分に高松市総合体育館に到着。



image.jpeg



image.jpeg



image.jpeg

第1Q:10ー24

薮内の得点から始まりましたが高松が開始からスタートダッシュをかけますがリングに嫌われ得点が伸びません。一方、京都はそのリバウンドを確実に広い、ケビンが気持ちよさそうにインサイドを決めながら終了。

第2Q:27−17(37-41)

菊池の連続3Pで高松がリズムをつかみ徐々に点差を詰めます。ここで京都ディフェンスが慌てたのか高松の外国籍選手を抑えきれません。最後になんとか日下が3Pを決めて前半終了。終わってみればこの3Pは価値がありました。

第3Q:20−25(57−66)

第2Qに高松の攻撃に翻弄にされていた京都は浜口HCから果敢に攻めろと指示が出ていたのでしょう。・積極的な攻撃に出ます。瀬戸山→裏に出た薮内の連携プレイ、ケビンのダンクで9点差で終了。

第4Q:24−21(81−87)

京都ジョンソンのダンクから始まります。が、しかし、それ以降は得点が伸びません。守備もなかなか締らずニノ・ジョンソンをペイント内でフリーにして簡単に得点を許したりとぴりっとしません。その後、再びニノ・ジョンソンの個人技で1点差までに。冷や汗をかいてしまいましたが、薮内のバスケットカウントで点差を広げ、最後はファールゲームを制し無事勝利。


image.jpeg



image.jpeg



image.jpeg



自力で勝りましたがニノ・ジョンソンに気持ちよくプレイさせてしまっていたのが大変気がかりです。10月の浜松戦の時にも後半にウッドベリーへのチェックが甘くなり逆転負けしたのを思い出しました。沖縄、浜松、滋賀と対戦する時にはこういったことが命取りになりかねません。

オールスターブレイクで次の試合まで2週間あります。しっかり修正して欲しいところです。


帰り際にファイブアローズのガチャポンがありましたのでしてみました。


image.jpeg



「42」貝沼選手のバッジでした。


image.jpeg




大切に保管しようと思います。



posted by Naoki.poona at 23:17| Comment(0) | 京都ハンナリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

男木島(後編)



男木島(後編)



image.jpeg


必死のパッチでジイの穴まで登り切った後は山を下り海岸線まで降ります。



海岸につくとなぜか?大勢のニャンコ達の出迎えを受けます。


写真に入りきらない程いっぱいいます。


image.jpeg



歩いても歩いてもずっと付いてくるんです。



日が沈み始めます。


IMG_1539.JPG



最後に向かうのは、「豊玉姫神社」



IMG_1473.JPG






IMG_1534.JPG






IMG_1536.JPG



IMG_1537.JPG



IMG_1538.JPG















IMG_1541.JPG



posted by Naoki.poona at 07:15| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

男木島(前編)香川県高松市





平成28年1月16日(土)



16日(土)〜17日(日)は高松へ。


IMG_1462.JPG


1月とは思えないほど天候に恵まれ観光していてもうっすらと汗ばむ陽気でした。

朝6時30分に自宅を出発。11時40分に無事、高松駅に到着いたしました。

休むまもなく高松港へ向かいフェリーに乗り込みました。

向かう先は男木島。

1年半前に天候不順のため断念していたため今度こそは!と気合を入れていきました。

乗船してまもなく出発。着いたばかりの高松駅を後にします。


IMG_1466.JPG


男木島までフェリーに揺られて40分。

島が徐々に大きく見えてきました。


IMG_1470.JPG


ついに上陸。


IMG_1471.JPG



IMG_1474.JPG



先ずは島の最先端灯台を目指します。

なかなかの急勾配ですが好きな風景です。私が生まれる前から変わらない風景なんだろうな勝手に想像。



IMG_1475.JPG



IMG_1482.JPG


いいですね♪いいですね♪ この雰囲気大好きです。


IMG_1483.JPG


上陸から30分ほどで灯台へ到着。


IMG_1485.JPG


IMG_1486.JPG


灯台の脇から海岸にも行けます。


IMG_1498.JPG


海岸で用意していたお弁当「韓国のりまき」を食べてからは「ジイの穴」を目指します。


ジイの穴とは・・・ジイの穴 - 桃太郎伝説の中では、鬼の副大将が逃げ込んだ岩窟


らしいです。

ここから更に登りが厳しくなり、運動不足のオヤジには堪えます。


IMG_1503.JPG


IMG_1504.JPG


水仙の階段


IMG_1506.JPG


 振り返り海を眺めるといい感じで船が通っていました。

IMG_1511.JPG



何とか登りきって到着。


IMG_1514.JPG


この時点で14時20分。高松行きのフェリーは15時と17時の2便しかありません。15時の便に乗りたかったところですが、「あかんやろな・・・。」あきらめムード。

IMG_1515.JPG


確かに鬼が逃げこめれるほどの広さです。中に入ってみたいに気になりましたが、「中に獣がいたらかなんな。」と思い、中に入るのを止めておきました。

以上、男木島前編でした。

続きを読む
posted by Naoki.poona at 21:56| Comment(0) | 徳島・香川・高知・愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

嵐山「鳥市」(京都市西京区)



午後2時から始まった嵐山巡り。

嵐山モンキーパーク〜大河内山荘〜京福電車嵐山駅の「足湯」と廻り今度は阪急嵐山駅までやってきました。

さすがに真冬の季節。

辺りはもう真っ暗です。


IMG_1430.JPG



ここからは別行動だったお二人と合流。


向かった先は・・・




TEL:075-861-0412


ここは鶏肉の「すき焼き」と「水炊き」のお店です。

4人で新年会を行います。


IMG_1431.JPG



IMG_1432.JPG


嵐山駅から徒歩5分程の立地。


IMG_1433.JPG



野菜盛りだくさん、お肉も盛りだくさん。


IMG_1434.JPG



IMG_1435.JPG




ここからは話しに華が咲き写真を撮るのを忘れてしまいました。


冬の嵐山で暖かい鍋で体をもうポカポカ。


自宅の周辺には本当に素晴らしい名所やお店がたくさんあります。

来客があったときはまた使わせてもらおうかな。

ラベル:鳥市 嵐山 水炊き
posted by Naoki.poona at 06:24| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

大河内山荘(静止画)



posted by Naoki.poona at 22:09| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

大河内山荘(京都市右京区) 大河内山荘


嵐山モンキーパークから下山してから、次に「大河内山荘」に向かいます。




京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町
TEL:075−872−2233
入場料1000円 お抹茶付き

俳優:大河内傳次郎が嵯峨の小倉山に魅せられて昭和9年に建立した日本庭園でございます。


野々宮の竹林を眺めながら大河内山荘を目指します。


IMG_1400.JPG



IMG_1398.JPG



立派な門構え


IMG_1402.JPG



IMG_1401.JPG


お抹茶の提供が16:30までということで先にいただきに参ります。


IMG_1404.JPG



IMG_1406.JPG



IMG_1407.JPG



美しき日本庭園で素敵な香りなお抹茶♪☕

日本人に生まれてきてよかったと実感できるひと時でございます。





IMG_1410.JPG



IMG_1409.JPG



IMG_1408.JPG



IMG_1411.JPG



大乗閣
IMG_1412.JPG



大乗閣の内部

IMG_1414.JPG


外の眺め


IMG_1419.JPG


道中に桂川対岸に大悲閣を展望できます。

IMG_1417.JPG



記念館にて


IMG_1420.JPG


設計図

IMG_1421.JPG


現役当時の写真


IMG_1423.JPG


岐路に桂川の清流を眺めます。


IMG_1424.JPG


渡月橋まで戻って参りました。


IMG_1428.JPG



17時閉園のところを16時前に入ったこともあり観光客もまばらでゆっくりと散策することができました。

お抹茶サービスも大変嬉しい物です。

桜や紅葉のシーズンにはさぞ美しい風景がみられるのでしょうが、逆に混雑が予想されます。

季節外れかもしれませんがゆったりとした日本庭園を堪能したい人は私のように真冬の夕方もよいのかもしれません。


posted by Naoki.poona at 22:13| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

嵐山モンキーパークいわたやま


続きを読む
posted by Naoki.poona at 06:36| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

嵐山モンキーパークいわたやま(京都市西京区)




住  所:京都府京都市西京区嵐山

電話番号:075-872-0950

アクセス:阪急嵐山駅より徒歩5分/京福嵐山駅より徒歩5分/
JR嵯峨嵐山駅より徒歩15分

平成28年1月10日(日)


三連休の中日は地元散策です。
嵐山に住んで11年になりますが、

・嵯峨天竜寺
・大悲隔千光寺
・大覚寺

以外は行ったことがありませんでした。

会社の先輩Kさんも、「京都に30年住んでいるけど嵐山の辺りはあんまり行ったことがないなぁ〜。」とおっしゃられておりまして、「では、行ってみましょうか。」ということに。

先ずは猿見物から。


京福電車「嵐山駅」で待ち合わせ・・・


IMG_1381.JPG


モンキーパークへ向かいます。


IMG_1382.JPG


登ること20分。猿の楽園に到着。


あまり人間には興味が無いのか無関心です。毎日訪づれる人間達に

「きゃー!お猿さんだー!」

と写真を撮られまくっているせいか人間の相手をするのにも飽きてしまっているようです。


IMG_1384.JPG


そこらじゅうでお猿達が毛づくろいをしておりリラックスしたもんです。


IMG_1390.JPG


IMG_1388.JPG


えさ小屋の天井にも


IMG_1393.JPG


以前、栃木の日光に行ったときは猿達に散々な目に合わされましたが嵐山のお猿達はきちんとしつけられているようで観光客を襲ったりすることもありません。

なかなか可愛いお猿達でした。


posted by Naoki.poona at 06:23| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

多田銀山(静止画)



posted by Naoki.poona at 22:58| Comment(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

恒屋城跡(静止画)



posted by Naoki.poona at 20:36| Comment(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

網干浜のニャンコ(動画)



続きを読む
ラベル:網干浜
posted by Naoki.poona at 18:17| Comment(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

多田銀山(兵庫県川西市)

多田銀山

住所:兵庫県川辺郡猪名川町銀山字長家前4-1

訪問日:平成28年1月1日(金)


両親が住んでいる所から車で15分程の所に銀山という地域がありかつては銀や銅が取れたそうです。兵庫県で銀山というと生野が有名ですが多田は生野ほどではなかったとの事。明治時代には財閥の三菱が採掘し、その後は日本鉱業が業務を受け継いだようですが昭和48年をもって閉山いたしました。


image.jpeg


10年程前にも一度来たことはあるのですが当時はさしたる興味が無かったのですが、少しずつ気になりはじめて再訪してみました。
実際に着いてみると、「多田銀銅山 悠久の館」という資料館がありました。しかし、今日は元旦。当然お休みされていました。


image.jpeg


また、多目的広場もあり地域住民向けに整備されています。しかし、10年前はこんなのあったかな?まるで思い出せません。


image.jpeg


案内板を確認してから出発。


image.jpeg


image.jpeg



早速、代官所というものがあったらしいのですが崩落の危険があるというこで通行止めでした。


image.jpeg


金山彦神社


image.jpeg


申し訳ないのですがパスさせていただきました。


青木間歩

image.jpeg


ここは中を観れるのですがお正月ということでしっかりと施錠されていました。

中を拝見。


image.jpeg


現役当時の貴重な写真
ここに日本鉱業多田鉱山事務所があったとのこと。

image.jpeg



image.jpeg


image.jpeg




茂みの向こうに作業所らしき建物がうかがえます。

image.jpeg



採掘されていた当時の様子が充分に感じられます。



image.jpeg



更に奥に進みます。


image.jpeg


台所間歩


image.jpeg



image.jpeg


かつてはここにお屋敷があったそうです。

九徳寺
山中鹿之助一族の墓


image.jpeg


最後の間歩

瓢箪間歩


image.jpeg


image.jpeg


まだ道が続いているため登ってみます。


うわっ・・・・

廃屋・・・



image.jpeg


image.jpeg



image.jpeg



image.jpeg


採掘されていた当時(昭和48年以前)の作業場の建物がまだこんなにも残っていました。

廃村とは違う、何というか・・・

時代の経過とともに捨てられた感が溢れています。

ここには長くいない方がいいような気がしましたので足早に帰路に向かいました。
posted by Naoki.poona at 00:31| Comment(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

恒屋城跡(兵庫県姫路市)

恒屋城跡

住所:兵庫県姫路市香寺恒屋

訪問日:平成27年12月31日(木)


お城についての詳しい解説はこちら
現地の案内板より

image.jpeg



関西の城跡を訪れた時にいつも思うのですが豊臣秀吉の脅威を感じます。天下統一を果たすためにどんな少数勢力をも滅ぼしてしまいます。当時では当たり前の事なんでしょうね。


ここに向かう時に降っていた雨もあがりました。

image.jpeg



image.jpeg

さあて、本丸を目指しましょう。約40分程のようです。

image.jpeg



image.jpeg


image.jpeg

お稲荷さんがありました。。


image.jpeg


更にここから20分


本丸跡が見えて参りました。


image.jpeg


image.jpeg


到着


image.jpeg


image.jpeg


おや?穴が掘られています。

image.jpeg

迷惑な話です。


image.jpeg


本丸からの風景


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg

続きを読む
posted by Naoki.poona at 06:35| Comment(0) | 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする